アットタウンWEBマガジン

真庭市立中央図書館 今月のおすすめ本vol.6

図書館司書の真野さんや図書館サポーターズの家元さん、中井さんのオススメをご紹介いたします。

こんな夜更けにバナナかよ
渡辺一史(原案)、橋本裕志(脚本)/文春文庫



★家元さんオススメ本





ティラノサウルスシリーズ(全7冊)
宮西達也(作・絵)/ポプラ社

★中井さんオススメ本


みかん、好き?
魚住直子(作)/講談社
「みかん、好き?」フツーの男の子・拓海の目の前に現れた少し変わった話し方をする女の子・ひなた。彼女はみかんが大好きで拓海の祖父がつくるみかんに感動して東京からはるばるやってきたという。そしていつのまにか一緒にみかんを育てることになって……。
瀬戸内海の島を舞台に繰り広げる甘酸っぱい青春小説です。こたつのおともにおすすめです。



開運えほん



かんべあやこ(作)/あかね書房
新年が良い年になるよう、日本のお正月には様々な「開運の願い」がこめられています。はなちゃんと年神様と一緒に、お正月の習わしを学んでみよう!知れば知るほど一緒にやってみたくなる絵本です。



きもの番長 おしゃれのAtoZ



松田恵美(作)/祥伝社
読めば着物が好きになる!読みやすいイラストで解説されているので、初心者さんでも楽しめます。現代ならではのアレンジや着物の収納術など小技も掲載しています。どこから読んでも楽しめるキモノエッセイの決定版です。



山のおふろ




村上康成(作)/徳間書店
雪の中で動けなくなったトガリネズミを助けた幼い兄妹が見たものとは……?
自然と人とをつなぐ山のお風呂を描いたシーンは、大きく開くワイドページになっており、自然の豊かさが味わえます。寒い日に読むと心がほっこり暖かくなる絵本です。



もちもちおもち




庄司三智子 岩崎書店
みなさんはどんなお餅が好きですか?あんこ餅、きなこ餅、桜餅…たくさんありますね。そんなおいしい「おもち」たちが大集合!リズミカルな文章は声に出してみたくなること間違いなしです。



わたしのゆたんぽ




きたむらさとし(作)/偕成社
わたしはゆたんぽが大好きな女の子。でも、ゆたんぽはわたしの冷たい足が苦手な様子。
ある夜、とうとうゆたんぽは布団から逃げ出してしまいます。冷たい夜空のもと、わたしとゆたんぽのおいかけっこが始まります。



ハッピーアワーは終わらない




東川篤哉(作)/新潮社
何をするにもお金が必要なこの時代。西荻窪で暮らす金欠アラサー3人組が、滞納している家賃を返すべく、発泡酒片手に難題をゆるっと解決!「そうアタシ達、やればデキる女なんです。」前作を読んでいない方も楽しめますよ。


関連する情報

人気記事

新着記事