アットタウンWEBマガジン

真庭市立中央図書館 今月のおすすめ本 vol.14

図書館司書の岡本さんオススメの本をご紹介いたします。



いざというとき使えるために
緊急のものトリセツ図鑑1 たてもの

教育画劇




この本には緊急時に使う道具の使う手順や使うと実際にどうなるのかが写真やイラストでわかりやすく説明してあります。地震や火事が起きたときどう行動したらいいのか、いざというときあせらないためにも知識として知っておくことも大切ですね。



ナマコ天国

本川達雄・作 こしだミカ・絵 偕成社





黒くてぐにょぐにょそうでごろごろと海に転がっているナマコ。見た目にはどういう生き物なのかよくわかりません。この絵本ではそのナマコの生態が迫力あるイラストとともにくわしく描かれています。同じ生き物でも人間とはこんなにも違うのかと驚きと発見が満載です。



虫ぎらいはなおるかな?

金井真紀・著 理論社




好き嫌いは人それぞれありますが、虫が苦手な人は多いような気がします。著者は見た目で嫌うのはよくないと克服するために虫のプロたちを訪ねます。虫に真摯に向き合うプロたちの話によって著者の苦手意識は変わるのか?虫の見方が変わる1冊です。



観察が楽しくなる
美しいイラスト自然図鑑 樹木編

ヴィルジニー・アラジディ 著 創元社




この本には世界の57種の樹木が紹介されています。水彩画で描かれた樹木はすっきりと美しく、リアルさもありながら周囲に生息する生き物たちも描かれていてどこかほのぼのとした気持ちになります。特徴をとらえた簡潔な説明文も親しみやすく、大人も子どもも楽しめそうです。



サポーターズオススメ本!




関連する情報

人気記事

新着記事