アットタウンWEBマガジン

生活情報 (お金の話~ヤミ金編)

違法金融業者(ヤミ金)の被害者救済をされている司法書士エストリーガルオフィスさんです。
「ヤミ金被害者救済」とは聞き慣れない言葉ですが、どのような仕事なのかを聞いてきました。

皆さん「ヤミ金」という言葉は、お聞きになったことがあると思いますが、分かりやすく説明をすると、「店舗や契約書が存在せず、電話一本でお金を貸す」「法律で決められた金利を超える利息でお金を貸す」「貸金業者としての登録をしていない」「厳しい取り立てを行う」などの貸金業者のことです。

最近増えてきているのは「ヤミ金」だとは思わず、小規模の消費者金融だと思い込んで、知らない間に「ヤミ金」からお金を借りている人です。
これを読まれた方で現在金融業者からお借り入れのある方は、一度金利を確認してみてください。
お借入額が10万円未満の場合は年20%、100万円未満の場合は年18%、100万円以上の場合は年15%と、金利は法律で決められています。これを超えている場合は「ヤミ金」の可能性がグンと上がります。



他に恐ろしい例として、口座に勝手に振り込まれる「押し貸し」という被害があります。
数日後に電話がかかってきて、「貸した金を返せ」「利息を払え」と脅されたなどの事例もあります。
この事例では、ヤミ金業者からお金を借りていないはずの人が被害者になっています。
個人情報はどこで漏れているか分かりません。様々な場面で個人情報の管理には注意すると同時に、万が一の場合はご自身で対応せず、すぐに専門家に相談するよう心がけてください。

司法書士エストリーガルオフィスさんでは、こういったヤミ金の被害者の方に対して、法律の専門家として間に立ち、ヤミ金業者へ取り立てをやめさせるなどの問題解決に取り組んでいます。
専門家に依頼するメリットとしては、脅しや罵声を浴びせてくるヤミ金に対し、自分でヤミ金と話しをする必要がなくなるというのが一番大きいでしょう。また、銀行口座の凍結など個人ではできない手続き等も瞬時に行ってもらえますので、嫌がらせを止める交渉材料としても有効です。

このように取材した内容は聞き慣れない言葉が多く少し難しいかもしれませんが、皆さまなんとなくご理解頂けましたでしょうか?
もしもヤミ金被害に巻き込まれてしまったときは、早急に手を打つのが早期解決の鍵となりますので、少しでもご不安がある場合は司法書士エストリーガルオフィスさんに相談、依頼することで、早々に問題を解決なさることをお勧めします。

エストリーガルオフィス
闇金問題無料相談専用ダイヤル 0120-547-327
WEBで無料相談する場合はこちら

(ライティング:上総 北辰)

関連する情報