アットタウンWEBマガジン

南の空へ、跳ぶ

8月5日快晴。
令和元年度全国高等学校総合体育大会  南九州総体を観戦してきました。
タピック県総ひやごんスタジアムへ陸上を観にレッツゴー!!
津山よりは気温は低いけど風が強い!
折りたたみ傘をさしても何度も何度もひっくり返る。
帽子をかぶっても飛んでいきそう。

スタジアムに屋根がない~。
スコールがきたら濡れてしまう。
仕方がないから庇がある通路の下で観戦。
屋根がある津山陸上競技場っていいな、と思う。
 去年のインターハイは選手紹介もあったし音楽もかかってたのに今年はなくてさくさく予選が終わっていく。
最近の大会は音楽がかかってたり選手の経歴の紹介があったけどなあ。
男子100メートル予選。
風は追い風。
去年のような神風のような超追い風ではない。
各ブロック代表アスリート達。
みんな頑張れ~。
ケガすることなくそれぞれがベストの走りが出来ますように。

決勝で10、19で優勝した選手はインターハイで驚異的に伸びたらしい。
知らないだけで様々なドラマがあったことでしょう。
アスリート達の熱いレースに心躍り元気をもらいました。
(投稿者 木梨由香里さん)

関連する情報