アットタウンWEBマガジン

武士道ーぶしどうー

「武士道と云ふは死ぬことと見つけたり」(葉隠) 私なりに読み解くと“葉隠”は決して死に導く書ではなく武士として生き抜くための道案内に見える。“死”が現実的に死ぬことと同一軸なることもないとは言えないが一般的に内在理のあり方により瞬間的に身を捨て自分不在の世界に自らを落とし込む生き方である。


そこには救いは存在せず新たな現れに身を置きながら瞬間瞬間に生き続ける秘義である。
最後に短い文章を、付け加えておきます。 皆様決して真似をしない様に!

関連する情報