アットタウンWEBマガジン

JR姫新線 勝間田駅

2020年03月26日

勝央町の中心にあり、駅前に国道が通りスーパーやドラッグストアなどの店舗が集積がみられる。

勝間田駅は昭和9年に、姫津西線として美作江見駅 - 東津山駅間が開業した際に開業し、姫津線が姫新線に組み込まれてからは『姫新線勝間田駅』となり現在に至る。




駅舎の緑の屋根が特徴的で、入り口で左右にある自動販売機が迎えてくれる。
コンクリート打ちっぱなしの床と古ぼけた感じのウッドの壁が、落ち着いた気分にしてくれる。




駅舎内にあるウッドベンチには勝央町ゆかりの、可愛らしい金太郎が描かれている。
なぜか外に2つもの自動販売機があるが、駅舎内にも自動販売機がある。
こんな感じの駅舎だが、建て替えが予定されているらしく寂しく感じる。




駅構造は相対式ホーム2面2線を持ち、行違い設がある地上駅。

駅舎から上がったホームは上りの佐用方面行きホームになり、向のホームとは佐用寄りの構内踏切で連絡している。

新着情報