アットタウンWEBマガジン

春・バレンタイン スイーツ特集

Green Days “TSUYAMA” PIE AND FARM
アップルパイ大好き!林檎が大好き!オーナーが林檎の苗木を植えるところから始めたお店。
主要道路の側にありながら、いつからあったっけ?と思うくらいに周辺の景色に馴染んでいる店舗は、一度眼にとまると忘れられなくなるほど素敵なカントリー調の建物。
看板メニューでもあるアップルパイは、林檎の良いところがそのまま生かされた味で、オーナーのアップルパイに対する情熱にあふれています。
「林檎に生まれて良かった〜」と小さな声が聴こえて来そうです。
食べられちゃうけど‥1カット450円(+税)
メニューは他にも、ピザ、サンドイッチ(バーガー)、オリジナルのドリンクなどが有り、ステキなパッケージでの持ち帰りもできる。(価格情報等は2018年12月現在のもの)

津山市桑下1346-1
TEL       0868-57-8388


まきばの館 ジャンボシュークリーム
岡山県農林水産総合センター畜産研究所が、憩いの場として開園した「まきばの館」。
直径約13cmのジャンボシュークリーム1個250円(税込)は園内のレストランの工房で毎日焼いている。
シュー生地とクリームのバランスもよい程よいジャンボさですが、小さなお子様なら、顔中とんでもないことになりそうな大きさ。
天然バニラビーンズ使用のカスタードクリームたっぷり。
スマッシュケーキにも使えそう。毎月19日はシュークリームの日で10%引き(19日が月曜は実施無)。
レストランでは、自家製の乳製品や肉製品を使ったメニューが多数楽しめる。
予約もできるのでHPを要チェック。
「まきばの館」までは、どのルートからも車で20分圏内には休憩できる場所が無いので、目指す前に休憩場所を決めておいたほうが良い。
津山市桑下方面から美咲町の旭北郵便局を経由するルートをお奨めします。
冬季は冬用タイヤが必要です。
(価格情報等は2018年12月現在のもの)

まきばの館
久米郡美咲町北2272
T E L     0867-27-2332


Loccomica
シューチュロスは、ホワイト、リッチカカオ、いちごの三種類の味が楽しめる。
細長く焼いたシュー生地をサクサクの食感で仕上げ、コーティングしているアザランや星、ハートのトッピングがとってもポップ。
にこちゃんポップは、しっとりとした甘さ控えめのチョコケーキにリッチカカオ、ホワイト、ミルクの三種類をコーティングその上にマシュマロやアザランなどで笑顔を描きロリポップキャンディのように持ち手がついている。
どちらも個包装で、シューチュロスは160円、にこちゃんポップは一個250円いずれも税別。
「町の小さなケーキ屋さんからみなさまに喜んでいただけるようなやさしいお菓子を届けたい」。

真庭市富尾746ー1
電話 (0867)42-6534


かふぇ花音
ケーキセットのチョコレートシフォンケーキ。
セットで注文すると、こだわりのすてきなカップでコーヒー紅茶が飲める。
シフォンケーキは店主、江田さんの奥様・実子さんの手作り。
ふわふわ、しっとり両方の微妙な食感が味わえる。
かなり甘さを控えた大人の味で甘目が好きな人は添付のホイップクリームをつけて食べるとほろ苦さの上にほんのりとした甘さが感じられる。
大正レトロな店内ではジャズ愛好家による生演奏が楽しめることもある。
看板犬のトイプードルブラン君の可愛らしさに癒されるとペット好きのお客さんも多い。
ケーキセットは600円、ケーキ単品は300円いずれも税込み。

津山市西今町64
電話 (0868)35-2919


Cafe mobile favori
毎週金曜日、津山市中心市街地の銀天街にある津山郵便局の前。
フードカーでカフェを出展している眞田渉さん。
チョコ風の飲み物をと頼んだら、チョコミルク(ホット)を出してくれた。
テイクアウトもできるカップでホイップクリームにチョコを削って乗せた可愛らしい。
「ふたをして飲んでくださいね」とすすめられ、せっかくの見た目なのにどうしてふたをするんだろう「細い飲み口から口に入ると、より温かく感じるんですよ。
植物性のホイップクリームの冷たい感覚と飲み物の温かさの飲み頃温度が保てるんです」と教えてくれた。
チョコとクリームの口触りが良く、心まで温かくなりそうだ。近くを歩いている人が「ステーキサンドがおいしいんだよ」。
カップルで一つブランケットにくるまれながら温かい飲み物を飲むのもすてきだな。
フードカー(キッチンカー)を見かけたら寄ってみてください。
チョコミルクは350円



ゆん太の家
ポート アート&デザイン TSUYAMAで「ゆん太の家」さんと出会う。
自家製の天然酵母パンのお店だそうで、ポートのバレンタインマーケットに出店していた。
津山産の小麦や有機のココアを使った「天然酵母ビスケット」「花の形をしたパン・チョコここあ」を購入。
ビスケットは歯ごたえがありバリバリとした食感。
見た目もごつごつとしているが、噛めば噛むほど甘みを感じる「できるだけ体にやさしい無農薬や減農薬の野菜やフルーツ、紅茶、ココアなどを使っています、時間をたっぷりかけて焼いたやさしい味だと思っています」とにこやかな森廣洋子さん。
パン・チョコここあはしっかりとした食感だ。
「ゆん太の家」は2月24日に、美作市福本の遠藤酒造場空き地で行われる「ヨリビト」にも出店するのでぜひパンやおやつを買いに行こう。

津山市田熊2249ー1
電話(0868)29-0870


自家焙煎 燕珈琲

前出のポートのバレンタインマーケットに鳥取県用瀬町から出店していた「燕珈琲」さん。
シンプルをコンセプトに、チーズケーキとチョコレート、コーヒーを販売、チーズケーキはクリームチーズと卵、生クリーム、砂糖のみを使って高温で焼いたもの。
焦げ目のほろ苦さを楽しみ、クリームチーズのトロッと感や酸味が味わえる。
1ピース370円。
チョコは、タンザニアとベトナムのカカオニブを使用してフルーティーな風味をかもし出している。
板チョコになっており1枚1500円。
バレンタインマーケット期間中2月11日はポートで販売しており、パッケージもカカオニブをおしゃれにデザインしたものになっている。
夏から秋にかけては、県北地域から海を見に行ける鳥取浦富海岸にトレーラーを出店しているので立ち寄ってみてほしい。
コーヒーは絶品なのでコーヒーとあうスイーツを楽しんでほしい。
チョコがあまりに美味しかったので美作地域番外編として取材した。



カフェ&デリ シュルプリーズ
久米南町のシュルプリーズはチョコレート生地がもっちりとした「フレッシュ苺とシュトロイゼルのサクサククレープショコラ」が、バレンタインスイーツイチオシだ。
久米南町産の新鮮な苺をふんだんに使いシュトロイゼル(小石のようなという意味)トッピングのアーモンドクッキーがアクセントとなり、もっちりとしたクレープ生地の中に、サクサクとした食感を楽しめる。
ほかに人気の自家製ソーセージブリオッシュ、ふんわり香るフレーバーコーヒーの販売もある。
SNS映えするスイーツをどうぞ。
久米南町での店舗では同町産の苺だが、イベント出店時は同町産と津山の契約農家の苺を使用するクレープショコラは500円。

久米郡久米南町神目中5ー30
電話(0867)22-4848

関連する情報