アットタウンWEBマガジン

寂しい多胡本家酒造場の知らせ

2020年03月05日

本日夕方に前職の先輩から知らせを受けました。


えーーーっ

その言葉しか出ませんでした。


小さい頃

酒造場の裏の一角にあった離れの部屋で、先代社長の妹、Mちゃんとお人形ごっこをして遊んだ日々が蘇ります。

Mちゃんとは同い年でしたので、一緒に川に泳ぎに行ったり、朝顔花の汁を搾って遊びました。


Mちゃんは、先先代の一人娘でした。

歳の離れたお兄さんが先代という関係です。

お嬢様で、私の持ってないものをたくさん持ってて遊んでいる時も気前よく貸してくれたものです。


最近

私の実家の菩提寺の住職さまとMちゃんの話をした所でした。


多胡の粕汁にはまっていた所でした。

小さい頃は板状になった酒粕を焼いて、砂糖をまぶして食べていました。



時代は移り変わる。


新着情報

人気記事

新着記事